発注・お問い合わせ

電話受付 8:00-21:00 年中無休(不定休)※営業時間外は問合せフォームにて365日24時間対応

古民家の草刈り・雑草対策なら当店へ!

古民家の歴史

古民家の歴史

古民家の歴史については、縄文時代から始まった住居の様式によって分類することができ、当初は竪穴式住居と呼ばれる住居で、平安時代初期になると掘立柱建築が出現し、生活の様式も変化してきます。

これらの建築物の特徴は、地面に穴を掘り柱を建てる工法です。石の上に柱を建てる礎石建造物も中国や朝鮮半島から古くから伝わってはいましたが、限定された建物のみで用いられていて、庶民の生活に用いられるようになったのは、江戸時代中期以降の事となります。

そして、これらの建築物は釘を使用しない伝統的な軸組工法としても有名です。

現在、私達が古民家と称している建物は、大正時代以前に建築された建物を指して言いますが、地域や農家、庄屋屋敷、一般民家、商家、武家屋敷など使用目的によって異なり、多層階建ての建築物もあります。

屋根材は、茅葺きが一般的なものですが、使用目的によって瓦葺きの屋根もたくさん存在するのです。

古民家の定義は定かではありませんが、現存して居住可能な建物は少なくなってきています。

古民家の庭の草は何故伸びるか?

田舎の古民家には、家の建て面積より数倍広い敷地があり、広い庭があることが多いです。

雑草はあらゆる場所に生えてきて、非常に生命力、繁殖力が強く、地面と水、日光があればぐんぐん生長するという特徴があります。

自宅周りに生垣垣根があればその真下などにも生えてくる他、芝生の庭であっても雑草が生えてくることがあります。踏みつけに対する耐久性が強い雑草は、道路や歩道脇の他、コンクリート、アスファルトの割れ目から生えてくることも多いです。森や土手にも雑草は生え、環境に適応することができれば平地、傾斜地のどちらでも関係なく生えてきます。

また、雑草は種類によって発芽、生長する季節が異なります。5 月は暖かくなり植物が著しく生長する季節で、梅雨の時期は雑草が伸びやすいです。雑草の生長が止まり枯れていくのは9 月から11 月です。

週末古民家暮らしをされていれば、きれいに刈ったと思っても、翌週末にはまた雑草が伸び放題になっていることでしょう。

古民家の主人は都会に住んでいる事が多い理由

古民家の主人は都会に住んでいる事が多い理由

多くの人と関わり、道を歩けば人にぶつかる、そんな都会での生活に疲れて古民家での田舎暮らしに憧れている人増えています

しかし、実際住み始めてみると、都会では市や町が道路の脇に生えている草を管理したり、普段気づかない分野での手入れをしてくれたりしているのに対し、田舎ではそれを住んでいるみんなで管理しなくてはなりません。

畑を荒らすイノシシ対策など苦労も多く、とても優雅な田舎暮らしとは言えません。また、田舎には色々なルールがあるようなので、そのルールがきついと感じてしまう人は大変かもしれませんし、プライバシーが尊重される都会とは違い、田舎ではプライバシーというものがないこともあります。

いきなり田舎への移住は、都会に職場があって経済的なことを考えると躊躇されることもありますし、子供がいる方は、学校の問題もあるでしょう。

そのため、まずは、平日は都会で暮らし、週末は田舎で暮らすという、週末田舎暮らしを選択する人も多いようです。

古民家の草刈り・雑草対策の流れ

古民家の草刈り・雑草対策の流れについての手順を決めておくことによって無駄な作業が少なくなるはずです。

草を刈るにはカマや草刈機を使用しますが、カマで刈らなければならない場所は、草刈機で作業ができない場所の草を刈り、広い庭と古民家の周囲草刈機で刈り取ります。刈り取った草は、焼却するか庭先に畑があれば肥料として使うことも可能です。

草刈が終了すれば、顆粒タイプの除草剤全体に巻きしばらくの間草が生えてこないようにして下さい。顆粒タイプの除草剤は、効果が出るまでに1週間以上かかりますが、持続性がありちよう機関に渡って効果を発揮します。

庭樹等がある場合は、あまり近くまで巻かないように注意が必要です。そして、液状タイプの除草剤は即効性はありますが、長持ちはしません。

年間の雑草管理としては、4月から11月までの間に3ヶ月に1度は見回って、状況によっては草刈りから始め顆粒タイプの除草剤を散布します。

また、見周りの際には古民家窓を開け室内の換気をすることも必要です。

古民家の草刈り・雑草対策の費用

古民家の草刈り・雑草対策の費用

古民家の草刈り・雑草対策の費用については、専門業者に依頼すると草刈事体の坪単価は安いのですが、人件費や交通費がかかるため費用はご自身で草刈りをされるより高くなります。

専門業者に依頼した場合は、坪単価150円程度で、刈り取った草の処分まで依頼すると、坪単価200円程度になるのが通常です。

ご自身で草刈りをされる場合は、草刈機の購入費1万5千円と混合オイル代が必要となります。

草刈機は何度でも使用できますから、労力を考えなければ、ご自身でされる方がかなり得です。

専門業者に除草剤散布依頼されると高く付きますから、ご自身で行ってください。どうしてもご自身で作業が困難な場合は、専門業者に1年間単位草刈り依頼された方が安くなります。

できれば除草剤散布もお願いしてください。古民家にお住まいでない場合は、空き家管理をしている業者に依頼すれば、古民家の換気なども行ってくれますし補修箇所があれば連絡もしてくれます。