発注・お問い合わせ

電話受付 8:00-21:00 年中無休(不定休)※営業時間外は問合せフォームにて365日24時間対応

草刈り機について

草刈り機の人気メーカーについて

草刈り機の人気メーカーについて

草刈機のメーカーは数多く存在します。しかし、一般のユーザーにとっては自宅周り草刈が対象になりますので、なかなか興味を持ちづらい世界となるでしょう。

いち時期マキタの電動草刈機が静かな草刈機として評判となり、一般家庭でもマキタの名が一世を風靡しました。しかし、すべてのユーザーにマキタをお薦めできるという訳ではありません。

草刈機メーカーもそれぞれ騒音やパワーなどの特徴を考慮し、商品を発売しています。したがって、使用する環境・用途・草の種類などによって、メーカーを使い分けるとよいでしょう。

草刈り機のレンタルについて

草刈機にも様々なメーカーがあり、その用途によっても種類が分けられます。

一般家庭での草刈では、騒音が気になるところでしょう。

また、樹木が多いところでは、エンジン式などのパワーが求められる場合もあります。さらに山間部や藪の多いところでは、高速で刈れる性能が要求される事も考えられます。

町内の清掃などではこれら多様な草刈機が必要なケースも出てきますが、すべてを揃えるよりも、レンタル選択肢の一つとなるでしょう。

草刈り機の修理について

最近の草刈機は構造が単純になってきており、素人でも修理できるような仕組みになっています。

また、メーカーも多数ありますが、その仕組みはほぼ同種であり、コツさえつかめば誰でも簡単に修理ができるようになるでしょう。

よくある故障の原因として、エンジン式であれば、燃料の給油口やパイプのつまりによる、燃料循環の不備が挙げられます。

これらは部品を外せば簡単に直せるでしょう。エンジン回りも経験を積めば治せますが、こちらは専門知識を必要としますので、専門店に修理依頼する方が無難になります。

女性でも扱える草刈り機について

女性でも扱える草刈り機について

草刈機も本格的なものになりますと、背負い式のものになりこちらはパワーがありますが取扱いが非常に難しいです。

比較的取扱いが楽な物として、肩掛けのエンジン式が挙げられます。草刈の場面ではそれほど苦労しませんが、エンジンを手動で発動しますのでここで苦労する場合があるでしょう。

そこで、女性には充電式の電動草刈機をオススメできます。電動モーターによる駆動ですので、スターターを発動させる必要もありませんし、力もほとんど必要ありません。

安全性も高く女性向きと言えるでしょう。

草刈り機のナイロンカッターについて

草刈機の鋼鉄製の8枚刃カッターやチップソーの代わりとして使えるものに、ナイロンカッターがあります。

ナイロンカッターも草刈機の先端に取り付けるアタッチメントの一種で、材質が柔軟なため鋼鉄製よりも安全性の高い物と言えます。

鋼鉄製よりもパワー不足と言われていますが、障害物の多いような狭い場所では鋼鉄製よりも効率がよいとされています。

樹木などの固い茎のものには不向きですが、一般家庭の雑草なら十分に力を発揮してくれるでしょう。

ナイロンの取付について

草刈機用ナイロンカッターにはナイロンコードが標準で付属しており、このコードで草を刈り取って行きます。

交換用のナイロンコードには形状にも様々な種類が用意されています。目的に合わせて適切な草刈用ナイロンコードを選択する事により、快適でスムーズな作業が可能となります。

ただ、ナイロンカッターの種類によっては取り付けられるコードの太さや形状が決まっているものもありますので、適合に注意しながらナイロンコードを選ぶ必要があります。

ナイロンの巻き方について

ナイロンコードの長さが長すぎると、カッターの取り付け部分に絡んでしまい、回転が停止してしまうことがあります。

常にナイロンコード長さに注意をして、草刈をすることが必要です。

ナイロンコードの巻き方は、草刈機が、反時計回りなので時計回りに巻きます。

もし、反時計回りにナイロンコードを巻いたら、草刈機が回転したときに、巻かれたナイロンコードがほどけて飛び出します。

しっかりと説明書を読んで巻きつけましょう。

草刈り機のキャブレターについて

エンジンを搭載する草刈機に必ず用いられているキャブレターは、その働きによって、燃料タンク内の燃料を円滑な形でエンジンに運び入れることができます。

燃料を霧上に噴射して空気と一緒にエンジンに送り込みます。キャブレターの種類には幾つかありますが、最も多く活用されている一つが、ロータリーバルブ式キャブレターです。

可変ベンチュリ式の一種で中空式のスロットルバルブを使い、混合気がスロットルバルブの中を通過する構造になっています。

草刈り機のエンジンについて

草刈り機のエンジンについて

小さな農機具のエンジンは一気筒で、空気が出入りするところは一つです。

仕組みを簡単にいうと、空気と燃料を混ぜ爆発させ、その爆発の勢いでピストンを動かし動力を生み出します。

大きく、2サイクルエンジンと4サイクルエンジンがあります。2つの行程で完了することから2サイクルエンジンと呼ばれていて、シリンダとクランクケースが一体になっているためガソリンにオイルを混ぜることで、オイルを行き渡らせるようになっています。

草刈り機の混合燃料の作り方

混合ガソリンは自分でつくることができます。混合器によって、作り方が違うものもありますが、まずガソリンを半分入れます。

それから、規定量のオイルを入れて、残りの半分のガソリンを混合器に入れます。キャップをしっかり閉めてよくふって混ぜてください。

燃料を作る場合はエンジンオイルの品質に注意して、出来る限り新しいものを購入してから作りましょう。

保存する場合は直射日光が当たらない涼しい場所保管して、なるべく早く消費する様にしましょう。