発注・お問い合わせ

電話受付 8:00-21:00 年中無休(不定休)※営業時間外は問合せフォームにて365日24時間対応

風力発電所周辺の雑草対策もお任せ下さい!

風力発電所について

風力発電所について

エネルギーの大半を海外からの輸入に頼っているわが国において、新エネルギーの導入拡大は、エネルギーの安全保障や地球温暖化防止といった国家的な観点から大きな期待が寄せられています。風力発電は、自然界に無尽蔵に存在する風を利用する再生可能エネルギーです。発電時にCO2を排出しないクリーンなエネルギーとして地球温暖化防止に貢献しています。

世界的に導入されている風車を一定の敷地内に集中させるウインドファーム方式は、風車の集合化により発生電力量の増加はもとより、不安定な風による個々の風車のバラツキをうまくまとめ、電圧と周波数への影響を少なくすることが期待されます。また、風車の直径を大きくすることで1基あたりの出力を増やすとともに、タワーを高くすることでより上空にある強い風を活用でき、効率的な風力エネルギーの利用実現できます。

そのため少しでも風の強いところに風車をたてること、つまり適地を選択することが大きな意味を持ちます。地形はもちろん植生、それに加えて風車相互間の干渉によっても風況が左右されます。しかし、台風や竜巻のように、時に私たちに大きな被害をおよぼす膨大なエネルギーを持つ風は風力発電に適しません。

風力で発電させる仕組み

風力で発電させる仕組み

風力発電は、おもちゃの風車に息を吹きかけると回転するのと同じように、自然の風を受けて風車を回し、発電するという仕組みです。風車は、風の吹いてくる方向に向きを変えて、常に風の力最大限受け取れるようになっています。しかし、台風などで風が強すぎる場合は、危険防止のために羽根の角度を変えて風車がまわらないようにします。環境に優しい上、事故が起こりにくく、リスクの少ない発電方法と言うことができますが、風という自然の力を利用するため、電気需要に応じた発電量の調整が難しいほか、地震によって発電が停止しやすいという特徴もあります。

風力発電は、風力発電機と呼ばれる設備を使って発電します。風力発電機の上部に付いているブレードと呼ばれる羽の部分に風が当たると、ブレードが回転し、その回転動力伝達軸を通じてナセルと呼ばれる装置の中に伝わります。ナセルの中では、増速機という機械が、ギアを使って回転数を増やし、回転速度を速めます。その回転を発電機で電気に変換しています。発電された電気は塔体の中を通って変圧器で昇圧され、送電線または配電線を通って届けられます。ナセルの中にはブレーキ装置が付いていて、台風や点検の時にはブレードの回転を止められます。

風力発電所周辺の雑草対策の流れ

風力発電の開発では、広大な土地が必要となっています。元田畑の土地や、山肌を利用することが少なくありません。すると地面は整備されていない土になりますから、どうしても雑草が生えてきます。基本的には空地を利用し、住宅とは離れていることが多いですし、無駄な出費は避けたいものですが、やはりできるなら防草対策も行った方が良いといえます。雑草は放っておくと、もの凄い速さで伸びますので、思いのほか背が高く育ちます。自宅近くに発電所があればこまめに見ていくこともできますが、遠方に発電所を持っている場合、管理に出向くのも一苦労です。

雑草が生い茂ると虫が集まって増えたり、虫を狙って鳥が集まってきたりするという連鎖が起こります。また、雑草が生い茂っていると、景観の問題でクレーム問題に発展することがあります。それほど居住区の近くでなければご近所づきあいの範疇で対処を考えていかなくてはなりませんし、近くに居住区があるようなら虫や獣害の問題、人が隠れていても見えない防犯上の問題などの発生も想定しなければなりません。そのため、防草対策の必要性理解した上で、どのような方法が適していて、どのくらいコストがかかるのか検討することが重要です。

風力発電所周辺の雑草対策の費用

風力発電所周辺の雑草対策の費用

風力発電所周辺に対する主な防草対策として、手で草を抜くなどは最も簡単に始められますが、体力仕事であり、また草の再発を防ぐことは難しいです。発電所が近くにないと無理でしょうし、毎日通えたとしても非常に手間がかかる方法です。

除草剤はホームセンターなどに売っているので入手しやすく、価格も安価です。散布は機器などを使用し、手作業になると思いますが、こちらもその手間長期間に渡って行えるのかを考えなければなりません。
防草シートは、遮光性の高いシートを地面に敷くことで、植物の光合成を防ぎ成長を食い止めます。土地にシートを敷き詰めるだけですので、自分で設置することも出来ます。しかし、遮光力が弱かったり、シートの隙間などから草が生えたりすることがありますので、定期的にメンテナンスが必要です。

砂利を敷き詰める事で地面へ遮光し、防草効果を期待することもできますが、砂利単独では時間と共に土とまじりあい効果が薄いようです。
コンクリートで地面を固めてしまい、土の露出をなくすことで植物が生えないようにする方法もあります。効果は高いですが、土木工事となるので業者に頼んだり、材料費もかさむのでコストは高くなります。